ペットとの避難を考える

ドッグフードをつまみ食い!トレーナーブログ

こんにちは。ハチたまのドッグトレーナー・フードアドバイザーのhiroeです。

まず、この度の災害で被害にあわれた方達、ペット達に心よりお見舞い申し上げます。

地震や水害など、日本は自然災害の多い国なのだということを実感させられます。

個人のSNSなどにも定期的にご紹介はしていますが、災害が起きるたびにペットとの避難については毎回考えさせられます。

人の避難用の準備と同じで、ペットの飼い主はご自身のペット用品も避難用に備えておく必要があります。

救援物資が被災地に届くまで約5日〜7日と言われているように、最低でも約7日分のごはんや飲み水、常に飲んでいる薬がある子たちの場合は、薬も余分に持っておくことが必要です。

また、もしペットが迷子になってしまった時のために迷子札やマイクロチップなど、日頃から準備しておくようにしたいものです。

災害は予告してやってくるものではない、それをしっかり自覚し「転ばぬ先の杖」しっかり備えておきたいものです。

物の準備だけではなく、犬も猫もキャリーケースやクレートに入いることに日頃から慣らしてあげることも重要です。

避難する時、避難所等々、これらを活用しなければならない場面は多々あります。

ぜひ、物の備えだけではなく、そういった面でも準備をしてあげることが、何かの時に自分たちのペットを守ることに繋がると思います。

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2…/ippan.pdf
環境省から災害時におけるペットの救護対策ガイドラインが出ているので、ぜひご一読を!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連記事一覧