ペットの好きな味は?

ドッグフードをつまみ食い!トレーナーブログ

ペット用ケーキはどんな味?

こんにちは。

フードアドバイザー・ドッグトレーナーのhiroeです。

先日、4月11日は私のパートナー犬リコッタのお誕生日でした(^ ^)

今年4歳です!まだまだ元気でやんちゃ盛り!

そんなリコッタに、次の休みに手作りのケーキを作ってあげようかと思ってます。

最近では、ペットちゃん用のケーキがたくさん販売されています。

見た目も可愛くて、美味しそうなのでついつい食べたくなってしまう…なんて思ったことありますよね!

もちろん、私は味見済み(笑)

実は、私たち人間が食べても美味しくありません。

一言で言うと味はしません!笑

甘くも、しょっぱくもないんです。

では、ペット達はどんな味が好きなのでしょう?

 

 

犬と猫の味覚って?

人間も犬猫も同じように、味蕾(みらい)細胞と呼ばれる味を感じる細胞があります。

人間の味蕾の数は約9000個あり、甘味・辛味・塩味・酸味・苦味・旨味の5つの味を感じられるのに対して、犬猫の味蕾の数ははるかに少なく、人間ほど繊細な味覚を感じることはできません。

犬は、甘味を感じる味蕾を多く持っていますが塩味に対して鈍感です。また、旨味を感じることができません。

猫は、苦味にとても敏感で、腐った肉の中に含まれる特定のアミノ酸を強く苦いと感じることができるそうです。犬と同様に塩味に鈍感で、甘味も感じることが出来ません。

なぜ、犬と猫の味覚に違いがあるのかというと、犬と猫の食性の違いが関わっています。

同じような物を食べている動物に思われがちですが、犬は雑食、猫は肉食の動物です。

犬は肉の他に植物などを補助的に食べているのに対して、猫は肉食のため、甘味を感じる必要がありません。かわりに体に良くない腐肉の苦味を敏感に感じられるように発達したと考えられているそうです。

犬と猫、好きな味が違うというよりは、感じる必要のある味に違いがあるようですね!

 

さて、リコッタのケーキですが、自然の甘味を少しだけつけるために、熟したバナナを入れようかなと思います(^ ^)

 

 

関連記事一覧