96%のネコ飼いが「欲しい」と答えたサービスとは?

ブログを消してしまうという大ミス

みなさん こんにちは
ハチたまの堀です

実は、過去のブログを誤って消してしまいました><
バックアップも取っていなかったので完全に消滅です 泣

という訳で・・・過去を振り返らず
新たな気持でブログを書いていきたいと思います

今回は12月16日から17日にかけて
神戸で開催された
ネコ市ネコ座
で集めたアンケート結果についてご報告したいと思います

スマートねこトイレ「TOLETTA(トレッタ)
https://toletta.jp
を欲しいか欲しくないか
来場者の方にお聞きしました

結果、524人の方がご協力してくださいました
ありがとうございます!
気になる結果は・・・

96%の方がTOLETTA(トレッタ)を「欲しい」と答えてくれました!

スマートねこトイレTOLETTA(トレッタ)を
「欲しい」か「欲しくない」かパネルにシールを貼ってもらいました
勿論、お客様の意志にお任せしております
私たちにとっては欲しいと言ってくださるのは嬉しいことなのですが
欲しくないと言ってくださった方に理由をお聞きすることの方が重要です
欲しいと回答していただくように誘導していないことはお約束します

その結果、
524人中
「欲しい」と回答した方 505人
「欲しくない」と回答した方 19人
となり
96%の方がTOLETTA(トレッタ)を欲しいと言ってくださいました

欲しくないとお答えいただいた方に理由をお聞きすると
・価格が高い
・今使っている猫砂を変えられない
・砂が飛び散らないようにフードを付けて欲しい
といったものでした
大変参考になりました
頂戴したご意見を踏まえて開発を進めて参ります

なぜ96%のネコ飼いが「欲しい」と答えたのか考えてみました

私たちの想像を遥かに超える方が
TOLETTA(トレッタ)を「欲しい」と答えて下さいました

こんなに待ち望まれているサービスがなぜこれまで無かったのでしょうか?
自分なりに考えてみると2つ理由があると思っています

1つは日本独自の猫トイレ方式があります
システムトイレとも呼ばれるウンチとおしっこを分離して処理する方式は
日本独自の方式です
海外で一般的に使用されている固まる砂を使った一層構造のトイレでは
ウンチとおしっこが分離されないため
おしっこだけを測定することができません
TOLETTA(トレッタ)はおしっこの回数や量を測定しますが
これは、私たちが新たに開発した独自の構造だからこそ実現できます

2つ目はIoT(Internet of Things)の進展です
モノがインターネットに繋がるIoTは急速に進展しています
猫トイレをIoT化することで
24時間365日猫を見守ることができます
技術革新がTOLETTA(トレッタ)を現実にしました

逆に、これまで無かったということは
見本がないということです
開発を進める中で何度も壁にぶつかっています

そんな時、96%の方が待ち望んでいると思えば
壁を乗り越えられるかもしれません

今回のアンケートは私たちに勇気と希望を与えてくれました
来年の販売に向けて一層加速してまいります

さて、ハチたまでは猫を幸せにしたいという方を募集しています
私たちと一緒に96%の方が待ち望んでいるサービスを創りませんか?
詳しくはこちらをご覧ください↓

関連記事一覧